魚への想い

海が大好き

東京生まれ、東京育ちの私は、小さな頃から海に憧れを持っていました。

学生時代はヨットを始め、毎日のように海で過ごし、暗闇では、歯と目しか見えないほど、本当にまっ黒でした。(今でも色黒ですが、比較にならないほどです)

とにかく海に関わっていたいと、

ヨット以外も、ダイビング、釣り、素潜りの他、昭和大学病院の小児科の先生方と一緒に

「イルカセラピー」の研究団体に所属し自閉症の子供たちと一緒に、イルカと泳ぐ日々を送っていました。

そんな学生時代を過ごしましたが、

最終的に私が選んだ海との関わりが、「魚料理」でした。

大手IT企業で営業に携わった後

海と魚に関わる日々が忘れられずに

銀座の寿司屋に修業に入りました。

その後、魚専門の料理教室「Ristorante我が家」を主宰し、魚のさばき方教室や、寿司料理教室など、のべ3000人以上の生徒さんにお越し頂きました。

今、魚食離れが進んでいると言われています。しかし、私は全くそんなことを感じたことはありません。魚料理教室へのお問合せは年々増し、予約の取れない料理教室としてメディアにも取り上げて頂きました。

本当に魚離れは進んでいるのでしょうか?

農林水産省の食料需給表を見ると、一人あたりの魚介類消費量は平成13年をピークに年々減少傾向にあります。共働き世帯や単身世帯の増加が大きな要因と考えられますが、魚のおいしい食べ方や旬などの情報を直に消費者に伝えてきた魚屋の減少もその傾向に拍車をかけていると私は考えています。本当は魚を食べたい、出来ることなら自宅で魚料理を作りたい、でもどうやって食べたらいいのか、どうやって作ったらいいのか分からないだけなのです。

日本の貴重な資源である魚をもっと美味しく、もっと身近に感じていただくためにこれからも、魚の新しい食べ方・簡単な食べ方を発信し続けていきたいと思っています。

コメント