さかなの学校

「一般社団法人さかなの学校」とは、日本で初めての
魚料理の感動を伝える人材を育成する学校として発足致しました。
魚料理のプロ調理集団ではなく、
魚料理の楽しさ、おいしさ、すばらしさを、伝える
プロの伝道師集団を育成します。
家庭の主婦や、魚好きのOLさん、
そして料理男子や、週末料理担当のお父さんにこそ
魚料理の楽しさ、素晴らしさを伝えていただきたいと思っています。
ただし、伝えるのは、知識ではありません。
経験と感動です。

私が、寿司屋に修業に入ったとき、
毎日欠かさずしていたことがあります。
それは、日々の感動をノートにつけること。
先輩の板さんが教えてくれたことをメモにとるのは当然ですが、
メモを取るべき内容は、技術だけではありません。
その時の自分の感動した気持ちです。
鱗をとって「感動」
魚の内臓取り出して「感動」
寿司屋の下処理である焼き塩作って「感動」
しまいには、魚を三枚におろさせてもらい
大失敗して、怒られ「感動」(笑→本当に怒鳴られましたが、、、)
ちょっとしたコツやワザを知ることがとても感動的でした。
寿司屋の裏側って、見れないですよね?
だからこそ、その見れない世界の感動を伝えたい!
そんなことを伝える料理教室を開きたいと、その時に決意しました。
誰でもそうかもしれませんが、
学べば学ぶほど、初心を忘れてしまいます。
最初に感じた感動を忘れてしまい、いつしかそれが当たり前のことになってしまいます。
その当たり前のことを、ずっと忘れられないでいられるかどうかが、魅力ある伝道師になれるかどうかのカギだと思っています。

昔は、近所の魚屋さんが教えてくれていた魚の旬や、美味しい食べ方、ちょっとしたコツなどを伝えることのできる人材を育成し、日本の魚食を推進するお手伝いをしたい、というのが私の大きな願いです。

コメント