発酵ライフ推進協会

きっかけは寿司!?

私が発酵に目覚めたきっかけは、寿司です。

寿司というと、握り寿司を思い浮かべる方が多いかと思いますが、実は寿司はもともと発酵食。熟鮓といって、お酢の酸味ではなく、発酵させることによる乳酸菌の酸で酸っぱくなったいわゆる保存食です。

寿司屋で修業していた私は親方や先輩板前さんに、多くのことを教えてもらいましたが、寿司の起源である「熟鮓」のことは、なかなか教えてもらえませんでした。そこで自分で調べ始めたたことがきっかけとなり、今に至ります。

当時、世の中はまだ「発酵ブーム」ではありませんでした。

沢山の本を読みましたが、あるのは学術書か、ほんの少しのレシピ本くらい。そもそも発酵って何なのか、を分かりやすく教えてくれる本がなかったのです。

であれば、自分で作ろう!と思い立ち、2012年に発酵の一般社団法人を設立致しました。

しかし、発酵のことをどんなに勉強しても、私は発酵学者になりたいわけでもなく、もちろんなれるわけでもありません。発酵という先人たちの知恵を、私たちの生活にどう活かすか、またこの素晴らしい発酵食文化をどうやって後世に残していくか、それを考えたときに、現代人に合った「発酵ライフ」を提案していきたいと思い、2017年8月5日 【発酵の日】に発酵ライフ推進協会を発足致しました。https://hakkolife.com/

楽しい講座と活かせる資格

発酵ライフ推進協会では、味噌作りや醤油作りなどの昔ながらを発酵食作りを、日本一簡単に実現する方法をご提案しています。また、発酵をライフワークとし、発酵ライフの伝道師として活躍したい方向けの資格講座も設けています。

世の中にはたくさんの食の資格があります。

私も、15年以上、食に関する仕事に従事する中で、発酵に限らず数々の資格を取得してまいりました。

資格を取りさえすれば、仕事の幅が広がり、活躍できると思っていましたが、現実はそんなに甘くありませんでした。
せっかくお金をかけて取得した資格が単なる自己満足に終わってしまう。
では、きちんと活かすためにはどのようにしたらいいのか?
そこで長年の私自身の経験を元に、本当に活かせる「学び」と、それを活かして活躍できる場所をご提供しています。

「活かす」というのは、仕事に限ったことではありません。
「日々の生活に活かす」「家族のために知識を活かす」「自分の健康に活かす」など、学んだ知識をきちんと自分のものとして習得し、活用できる発酵ライフの楽しみ方をご提案します。

発酵を楽しみ!学び!活躍する!

現代人にあった「新しい発酵ライフ」を皆様と一緒に作り上げながら、より充実した発酵ライフを送りたいと想っています。

コメント